きょうよりあした

タイトルそのままです。派遣、ひとり暮らしです。もっと自由に生きていきたいと思っております。今日より明日。

【喘息悪化】喘息は突然発症するのでみなさん聞いてほしい。

喘息が悪化中です。

喘息は突然発症するので、現在喘息持ちの人も

喘息とは縁がないと思っている方も

是非読んでほしいと思います。

 

 

私の喘息歴5ヶ月。喘息発症のきっかけ。

 

f:id:ashitacolorful:20190512165337j:plain

吸入器。これを上手に使えず薬がうまく出てくれないことが多い。

私は今年のお正月2日か3日くらいから

普段よりもちょっと重い風邪をひいてしまいました。

それこそ、発熱も伴う4日会社を休む風邪でした。

 

風邪完治後、ずっとなんとなく痰が絡むような気がしていました。

風邪が治った後、痰がでるのは今までもそうでした。

ただ、これまでは痰はちゃんと出たんです。

黄色い塊みたいにして、痰が出たらそのあとスッキリ、

いつもの元気な私に戻れていました。

 

それが、今回は痰が絡む気はするけれど、

うすい透明のただの唾液しか出てきません。

なので、スッキリ出た気がせずに

ずっと喉がいがらっぽく、喉がかゆい状況でした。

ずっと透明のつばをペッぺッとしつづけるのは

しんどいし、職場の人にもどうしたん?って言われます。

 

そして、耳鼻科へ行ったり、内科に行ったり

何度も病院に行って、呼吸内科の病院に行ったとき

言われました。

 

「喘息ですね」って。

 

こんな風に、人生でいきなり、喘息になったりするのです。

 

そして症状は悪化していく

 

そのときはまだ、痰ではない唾を何度も吐くくらいの症状でした。

(これでも相当気持ち悪いです。)

痰を吐きたいために咳を自分でしていました。

 

痰は出なくて唾しかでませんでしたが、

その唾はとても塩分の強い味がしました。

これ、実は痰です。

透明で唾しか出てないと思うけれど

透明でも痰なのです。

 

痰を出すための咳をこの時点では自分でしていました。

あまりに痰を出そうとして咳をするため、

痰ではなく、食べ物を吐いてしまうことも多かったです。

一度出た吐き気は簡単に収まらず、

胃の中身全部吐き切ってしまうまで止まりませんでした。

 

吐くのにも結構体力を使いました。

 

そんな状況が続いていたとき、

経理の職に就く私に決算が訪れました。

 

ものすごい量の業務を毎日残業してこなしました。

クタクタでした。

決算を境に、喘息は悪化しました。

 

現在、私は自分の意思ではなく

咳が止まりません。

もちろん、痰も止まりません。

 

声が枯れることなんて今までなかったのに、

仕事中、しんどくなると声が枯れます。

気道が狭くなっているのでしょう。

咳も止まらず、電話応対も話すと咳でつらいので

ままなりません。

 

段々、呼吸も辛くなってきたところです。

テレビに喘息で仕事が出来ない人が出ていました。

それを見ながら、確かにこんな状況では仕事もままならんと思いました。

 

派遣だったし、みんな頑張っているのに

定時で帰って病院に行きにくかったし、

しんどくて病院で長い時間待つのも無理な状況だった。

 

段々電話も難しくなりつつある今、

実は不安でたまらなかったんです。

 

喘息がまだ軽い症状だった時に、

これはいかん!正社員にならねば!と思い、

現在の契約終了時に契約満了で辞めたい旨伝えていました。

私とすれば、正社員でもっと楽な職場を探そうと

思っていたんですが、

この状況では、現在喘息になってしまっていることを

面接で言わなければならないなぁと思うくらいの症状です。

 

わざわざ、ずっと派遣だった喘息持ちを雇ってくれるのだろうか?とも

思いますが、なってしまったものは仕方ないです。

 

実際、土曜日に面接の連絡が来たのですが、

金曜日の疲れ具合から無理だと判断して、辞退しましたし。

 

なんせ、クタクタでクタクタがデフォルトになってしまいました。

いくらでも寝れます。

 

ただ、元々の睡眠導入が上手に出来ないことにより、

でも、寝たいので20時とか21時とかに床に就いて

やっと0時とか1時に眠れるくらいなんですけどね。

 

自分で出来ることで治す!!!と決めた。

 

喘息はどうすれば治るのか?そう思って

いっぱい調べました。

喘息の原因は炎症です。

気管支に炎症が起こることにより、

気道が狭まり、分泌物(これ、痰です)が

大量に出るのです。

 

喘息になる数か月前に発疹とかゆみで

皮膚科に行きました。

アトピーですねと言われました。

 

これまた人生で初めてのことでした。

 

ステロイドを処方されました。

 

その後喘息になり、処方された服薬は

ステロイドでした。

 

ステロイドは炎症をおさえる薬です。

 

炎症体質になってしまったのです。

 

実は喘息の原因は慢性炎症です。

慢性炎症は万病のもとでして、

他にも糖尿病や心筋梗塞動脈硬化やがんなど

本当に万病のもとなのです。

 

呼吸器内科でステロイド薬を処方されたとき、

皮膚科でもステロイドもらった話をすると

先生は、ステロイドの必要な体になったということだと

おっしゃいました。

 

ステロイドの必要な体=炎症が体内にいっぱいと

いうことだったんですね。

その時の私には分かりませんでした。

 

炎症って血がでるんです。

例えば、歯は磨いているけどデンタルフロスをサボっていると

次にデンタルフロスをした時や、歯石をとってもらいに

歯医者さんに行ったときに、血まみれになりますよね。

 

あれは炎症が起きていて血がでています。

歯は、サボらずに磨いていると血はおさまり

炎症もおさまります。

 

実は私は、痰が出そうで喉がいがらっぽいと

自覚する前に、最初に体の異変を感じたのが

鼻からの出血でした。

 

鼻をかみますと、血が混じることが常となり、

時には、血が混じるどころか、

鼻血のように血が止まらない時もありました。

必ず、鼻をかむと血が出ていました。

 

その後、喘息であると判明し、

ステロイドを服薬するようになると

この鼻からの血はおさまりました。

 

今思うとこれも炎症による出血だったんだなと思います。

そして、今でも調子が悪いと鼻をかむと血が混じります。

 

いつも、職場の方が自宅よりも症状が悪化していて

喉枯れや鼻からの出血は大抵職場です。

職場はフローリングではなく、絨毯でかつ、

清掃業者をいれておらず、掃除をする余裕などないくらい

職員は多忙なので、おそらく空気が悪いのでしょう。

 

ともかく、炎症が原因だとわかったので、

炎症を抑える食事をしていこうと決意したところなのでした。

 

慢性炎症については、

情報量が多いので次の記事に書いていこうと思います。

 

次回も読んでくださいね。

 

今日はなんとか、掃除と履歴書・職務経歴書作成と

そしてブログも書くことが出来たよ~~。

これから洗濯と買い物と明日のお弁当をなんとか頑張る。

慢性炎症の本も今日届くはずなのでちょっとでも読めれば。

 

喘息はいつまでも寝れるくらいクタクタで

何にもできないような状況がつづきます。

なんとか治したいと思っているし、

喘息の方、他の病気の方、一緒に頑張りましょう!

 

次回の記事に万病のもとの慢性炎症について

書くからね~~~~~。