今ここ☆happychild☆にっき

今、今、今。いまここで本来の自分戻る。そんな毎日を綴る日記。

【読書感想文】「悪魔とのおしゃべり」さとうみつろう著を読みました。

さて、病院の待合で何時間も待っていた間に

この分厚い本を1冊完読したので感想を記事にしたいと思います。

 

今日の記事はこんな感じ※3~4分で全文読めます※

 

 

そもそもこの本を読もうと思ったキッカケ

 

そもそもこの本に興味を示した理由は

「神様とのおしゃべり」という著者の前作を読んでいたからです。

 

(文庫)神さまとのおしゃべり (サンマーク文庫)

(文庫)神さまとのおしゃべり (サンマーク文庫)

 

 

神さまとのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識-

神さまとのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識-

 

 

「神様とのおしゃべり」が出版されたのがもう数年前で、

その頃、私はスピリチュアルにはまっていました。

 

当時はものすごい数の本を読破していましたが、

なかなか難しく、なんとなく分かるような分からないような感じの

本が多かった中、「神様とのおしゃべり」はものすごく

分かりやすい本でした。

 

それで今回の「悪魔とのおしゃべり」も

読んでみたいと思ったのでした。

 

YouTube動画を見る習慣から本が読めなくなってきた

 

今は私、暇さえあればYouTubeで動画を見る毎日です。

動画ばかり見ていると、なんだか本が読めなくなってきました。

なかなかこの分厚い本に取り掛かれなくなっていました。

 

病院に行くとき、結構待つだろうからと前回は動画をいくつか

オフラインに落として、イヤホン持参で行ったんですが、

今回はこの本のみ持参で読む気満々でした。

病院に着いたときは番号札21番の人が呼ばれていまして

私の番号札は61番でした。

40人の人を診察する間でこの分厚い本1冊完読できました。

 

ここから「悪魔とのおしゃべり」の感想

 

悪魔とのおしゃべり

悪魔とのおしゃべり

 

 この本は分厚いんですが、わかりやすいんです。(前作も同じ)

分かりやすさのためかちょっとちゃらーーく書かれています。

ギャグチックな感じ。

 

冒頭でこの時代に「いでよ!」なんて言葉使うやつ、

他にいないみたいなくだりがあるんですが、

いますよね。私、1人知っています(一方的に知ってます)


【モンスト】超・獣神祭で5連ガチャ!いでよ★5!【ヒカキンゲームズ】


3度目のチャレンジ! いでよサリー!LINEベンダブルキーホルダー!

はい。話はそれましたが、そんな感じでギャグをちりばめつつ

わかりやすく解説しています。

 

例えば、「物事に善悪はない」ということを解説するために

わりとヘリクツ的なみつろうと悪魔の対話があったりします。

 

正義があるから不幸せだというように。

 

ここに書かれてあることは全部、読んだことのあるような

ことを分かりやすく解説してあるだけなんですが、

読み終えたあとに、物事をジャッジしないようにしようとか

思いました。

 

途中で親鸞聖人や阿弥陀のお話があって、そういえば

うちの祖父母4人とも祀ってあるお寺は親鸞さんの宗派だったはずで

お寺に行くと他力本願のことが書かれてあったりします。

 

他力本願って努力しないで他人任せというのとは違うようで

その辺のこともこの「悪魔とのおしゃべり」で分かりやすく

書いてありました。

 

結局、悪魔の正体は神様だったんですが、

常識を疑うこと、そして自分のモノサシを持つことが

言葉を変えて書かれているような気がしますね。

 

そして、以前読んだことのある内容を分かりやすく書いてある

印象の本ですが、私が一番この本の中でためになったと思うし

心に残ったのは巻末でした。

 

終始この本では、ワンネス(すべてのものはひとつである)ということと

願いはすでに叶っているということ

 

「お金持ちになりたい」と願うものは

「お金持ちになりたい」という状態が叶っている。

 

お金持ちになりたいという人はお金持ちでない人であり、

お金持ちになりたいというお金のない状態にすでに叶っているという理論

 

こういうことがずっと書かれていたんですが、

巻末に、「お金持ちになりたい」と思って

頑張った人(頑張る=自力であって他力でない)

でお金持ちになったケースについて書かれていました。

 

私は、HikakinTVを遡って全部見たので(現在HikakinGames遡り中)

そして全てのブログ記事も遡って読んだので

もっと有名になりたい、TOPになりたいっていう

ヒカキンさんを見てきました。

 

お金のことをそんなには口には出しませんが、

一切本が読めなかったハリーポッターも読めなかったそうです)のに

お金の本だと一気に読めたとおっしゃっていたので

普通にお金持ちになりたいって思っていたと思われます。

 

そして、頑張って努力で叶った人のように見えますが、

そういうケースについて書かれていました。

 

前述のように、本当にお金持ちになりたければ、

~~になりたいのような願い方ではなくて

すでにもう~~になっているのような意識でいなければなりません。

 

頑張った人は、ちょっと努力して自分は頑張っている

お金持ちになる途中だと思い、

ものすごく頑張って、もうなりかけていると思い、

徐々にちらほら結果が出たら、もう叶ったと思うので、

叶うのだ、途中から自分はすでに叶っていると思うので

叶うんだとのことでした。

 

確かに。

 

本を読んでる間中ずっと、疑問に思いそうはいってもさぁ~って

思っていたことを巻末できれいに論破してきました。

 

本当に確かに自分がヒカキンさんのような立場だったら、

職業に出来た時点ですごい!って自分をほめるし

達成感あるし、エアロスミスからオファーがあって共演して

本を書いてベストセラーになって曲を出して、TVに出て、

CM出て会社作って・・・もう色々あってすごいよね。

 

途中ですでに自分は成功したって思うよね。

そう思うからどんどんどんどんいろんなことが叶っていく好循環。

 

まずは、自分はすでに豊かなのだって思うことですね。

夢は叶っているって思うことですねぇ。。。

 

そんな内容の本でした。

禅の内容など難しいことを軽く読める本でしたよ。

みなさんもぜひ。

 

悪魔とのおしゃべり

悪魔とのおしゃべり